ああ…なんて無力…


最近、親戚知人が相次いで、一組は犬を、もう一組は猫を

それぞれペットショップから購入していたことを知り

思わぬダブルパンチに愕然としているムーです


全然笑えない、と言うか泣きたい

次に会う時、どんな顔すればいいのよ…と言うのが正直な気持ち

そして、自分の力不足が悔しい…

たとえ年に一度くらいしか会わないとしても

もっともっと働きかけていたら…


もちろん、人の考えを変えられるほどの力は持っていないかもしれない

だけど、もう少し違う結果にすることも出来たんじゃないか、と


ペットショップにいる犬猫には当然何の罪もない

でも、こんなにたくさんの命が奪われている現状があるのに…

生体販売の問題も、言ってきたつもりだったんだけど…

伝わってなかった…

dd-926.jpg


私一人の力って、こんなにも小さいのか…と思い知らされて

なんだかな…って感じです

dd-927.jpg


はあ~い、おねえちゃあ~ん

そういうときはあくびしてリラックスだよお~by奏&コパン

dd-928.jpg


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


  



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━




郁ちゃんと舞ちゃんも

新しい家族との出会いをずっとずっと待っています

ご質問等は、当ブログメールフォームより、お気軽にどうぞ☆

郁ちゃんと舞ちゃんの新しいプロフィール

および譲渡条件はこちらです

どうぞお読み下さい

郁ちゃんのプロフィールおよび譲渡条件

舞ちゃんのプロフィールおよび譲渡条件



以下のランキングに参加しています

いつも応援のクリックありがとうございますヾ(*´∀`*)ノ


にほんブログ村


にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村



************

インスタグラム☆beppo.mooo

Twitter☆@beppo_moo

(フォロー、リツイートはお気軽にどうぞ☆)



スポンサーサイト

追記あり!命の線引きをしないでほしい



明日の里親会

郁と舞は都合によりお休み致しますm(__)m


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆



初めに…


🌸姉妹犬の郁と舞、そして黒猫のローザは、家族を募集中です

詳細は、下のバナーをクリックしてご覧下さい🌸

  




・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


さて、書きたいことが色々と溜まっている今日この頃

先日遊びに来て下さった保護犬のお友だちのことも書きたいし

郁と舞、そしてローザのことをもっともっと書かなくては…


でも、こんな記事を読んだので

今日はちょっと予定変更

野犬は馴れない?

https://ameblo.jp/daifuku-m-m/entry-12376826474.html

(もっさん、無断でリンクしちゃいましたごめんなさい💦)


最近、私と同じように保護活動をしている人達の中に

野犬は馴れないから、保護しない方がいい…

そんな事を言う人達がいる事を知り、愕然としました


ええ、もちろん、野犬を保護するということは、簡単なことではありませんし

ただ単に、かわいそう!という感情で手を出すことは出来ません

今から、我が家にいる元野犬の写真をお見せしますね

dd-810.jpg


モモ(5年前、推定2~3歳で保護)

dd-846.jpg


アラン(4年前、推定1~2歳で保護)

dd-848.jpg


郁(2年前、推定3~4ヶ月で保護)

dd-811.jpg


舞(2年前、推定3~4ヶ月で保護)

dd-842.jpg


どの子も、カメラを構える私に向かって、満面の笑みで駆け寄ってきています


でも、この笑顔を見られるまでに、どれ程のことがあったことか…


モモには、畳2枚、障子2枚(紙だけではなく、桟も全て)、柱

その他諸々破壊されました

dd-849.jpg


アランはとにかくすぐにウンチを漏らし、ちょっとした環境の変化でも下痢が続き

どこに行っても怯え、いつもヨダレが止まりませんでした

(ヨダレが出なくなったのは、つい最近のことです)

dd-847.jpg


郁と舞は、ちょっと抱き上げようものならウンチオシッコを漏らし

リードをつければ信じられないほど暴れ

人が近付くそぶりを見せようものなら部屋中逃げ回る…

dd-845.jpg


成犬になってから保護された、モモやアランとは違い

郁と舞は、子犬の内に我が家へ来たにも関わらず、その怯え方と、警戒心の解けなさは

今まで見てきた野犬の中で断トツでした

dd-841.jpg


野犬とは一口に言っても、育った環境や、暮らしていた場所によって

性格は様々ですし、人に慣れるまでの時間もそれぞれです

根気強く見守り、時には見守るだけじゃなく

たくさんのことを教えてあげなくてはいけない


郁と舞を保護してから今まで

たくさんの葛藤、迷い、焦り、不安…様々な感情との闘いの連続でした

まるで、自分の強さが試される修行?(^^;


確かに野犬を保護すること、引き取ることは大変だし、大変だし、大変…

でも、大変だから、人に馴れないから、という理由で見捨ててしまったら

誰が彼らを助けるのでしょう?

心を開いてくれるまでに、どんなに時間がかかろうとも、どんなに大変であろうとも

この子達にだって生きる権利があるのです

その権利が、人間によって握りつぶされようとしているのなら

同じ人間として、私はそれを取り戻したい


でも、私は良いことをしている!とか、自分は正義だ!なんて一度も思ったことはありません

ただ、この笑顔に出会いたくて…

もう一度笑顔を取り戻してほしくて…それが一番の理由です

dd-850.jpg



なにが言いたかったのか、じぶんでもだんだん分からなくなってきましたが💦

最後に…


野犬を保護するのは確かに大変なことだし、苦労がないなんて言うつもりは微塵もありません

でも、どんなに人に馴れていない野犬だって、”必ず”心を開いてくれる日が来ます

”絶対に馴れない”なんてことはないのです

それをもっともっとたくさんの人に知ってほしい…

そして、命の線引きをしないでほしい…


みんな生きるために生まれてきた、尊い命です

dd-853.jpg



*****************


郁ちゃんと舞ちゃんも

新しい家族との出会いをずっとずっと待っています

ご質問等は、当ブログメールフォームより、お気軽にどうぞ☆

郁ちゃんと舞ちゃんの新しいプロフィール

および譲渡条件はこちらです

どうぞお読み下さい

郁ちゃんのプロフィールおよび譲渡条件

舞ちゃんのプロフィールおよび譲渡条件



以下のランキングに参加しています

いつも応援のクリックありがとうございますヾ(*´∀`*)ノ


にほんブログ村


にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村



************

インスタグラム☆beppo.mooo

Twitter☆@beppo_moo

(フォロー、リツイートはお気軽にどうぞ☆)


小さな主張


出かける時に持ち歩くリュックには、カンバッジをつけています

そのうちの二つが、保護犬のバッジと、雑種犬のバッジ

dd-825.jpg


そこまで目立つわけではないけれど、よく見る人にはきっと伝わるはず…

dd-826.jpg


声高にではなく、そっと自分の立場を主張しています☆

dd-827.jpg


効果のほどはまだ分からないけれど(笑)カンバッジ、お勧めですよ~

dd-828.jpg



・・・御礼・・・


ビーコの父さんさんより

いつもいつもお心遣いいただき、本当にありがとうございますm(__)m

dd-829.jpg



拍手コメントを下さいましたうーさんへ

セミナー、良かったんですね!

私もいつか行きたいと思っています☆


*****************


郁ちゃんと舞ちゃんは

新しい家族との出会いをずっとずっと待っています

ご質問等は、当ブログメールフォームより、お気軽にどうぞ☆

郁ちゃんと舞ちゃんの新しいプロフィール

および譲渡条件はこちらです

どうぞお読み下さい

郁ちゃんのプロフィールおよび譲渡条件

舞ちゃんのプロフィールおよび譲渡条件



以下のランキングに参加しています

いつも応援のクリックありがとうございますヾ(*´∀`*)ノ


にほんブログ村


にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村



************

インスタグラム☆beppo.mooo

Twitter☆@beppo_moo

(フォロー、リツイートはお気軽にどうぞ☆)


これが全て


昨日はたくさんのメッセージをありがとうございました


”引き取った人がかまれる事故や感染症の流行を防ぐのが狙い”

とは、本当に命を軽視した文章だと思います

噛みつく犬にしろ、野犬にしろ、元はといえば全て人間の責任であって

犬(もちろん猫の場合も同じです)には全く責任はないのですから…


知らないところに連れて来られ、恐怖のどん底にいる子達

もちろん、人間に対しては不信感しかないし

もしかしたら恐怖から噛もうとすることもあるかもしれない…

でも、だからと言って殺すことを正当化することは出来ません

dd-802.jpg


時間はかかっても、忍耐は必要でも、寄り添い続ければいつか必ず心を開いてくれる

それなのに、ほんの一部の人達の判断で命を奪い、その上それは数にも入らないなんて

どう考えてもおかしいことだと思います

dd-798.jpg


保護活動に関わり始めて、もう何年も経つけれど

腹立たしいこと、やるせない出来事は、形を変えて何度も何度もやってきます

dd-799.jpg


でも、元野犬で引き取り手もなく、まして譲渡対象にもならなかったこの子達が

今こうして生きている事、それが私の原点であり、全てです

dd-800.jpg


どんな子だって、誰かの大切な家族だし、生きる権利がある

自信を持ってそう言えるのは、この子たちと出会えたからに他なりません

もっともっと多くの人に、あの法案を考えた人達に

知ってほしい…考えてほしい…

dd-801.jpg


*****************


郁ちゃんと舞ちゃんは

新しい家族との出会いをずっとずっと待っています

ご質問等は、当ブログメールフォームより、お気軽にどうぞ☆

郁ちゃんと舞ちゃんの新しいプロフィール

および譲渡条件はこちらです

どうぞお読み下さい

郁ちゃんのプロフィールおよび譲渡条件

舞ちゃんのプロフィールおよび譲渡条件



以下のランキングに参加しています

いつも応援のクリックありがとうございますヾ(*´∀`*)ノ


にほんブログ村


にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村



************

インスタグラム☆beppo.mooo

Twitter☆@beppo_moo

(フォロー、リツイートはお気軽にどうぞ☆)


怒り、やりきれない思い


おはようございます

今日の記事は長文です

dd-793.jpg


先ずはお読みください

以下、5/3 Yahoo!ニュースからの引用です


環境省は、自治体が掲げる犬猫の「殺処分ゼロ」の定義を明確化し、

譲渡が難しいケースを除外する方針を固めた。

引き取った人がかまれる事故や感染症の流行を防ぐのが狙い。

今年度に改定予定の動物愛護に関する指針に盛り込みたい考えだ。


2012年に改正された動物愛護法では殺処分がなくなるよう、

都道府県などが引き取った犬猫の譲渡に努める義務が明記された。

これを受け、都道府県や政令市など42自治体が「殺処分ゼロ」を目指して活動。

13年度に約12万8000匹だった殺処分数は16年度には約5万6000匹に減った。


一方で、環境省が集計・発表している殺処分数には譲渡に適さない個体や

保護中に死んだ個体もカウントされるため、完全にゼロにはできない課題も出てきた。

16年度の殺処分のうち、病気や攻撃性を持つことから「譲渡が適切でない」と見なされた犬猫は

約1万6000匹に上った。自治体によっては、「殺処分ゼロ」を急ぐあまり、

動物愛護団体に次々に譲渡し、シェルターが過密状態に陥るケースもあるという。


環境省としては、譲渡が難しい個体の殺処分はやむを得ないとの考え。

東京都など「殺処分ゼロ」を目指す自治体の一部は、既に対象を譲渡に適した犬猫に絞っており、

同省も譲渡困難な犬猫を除いた集計を本格的に実施することにした。


引用終わり


これを読んだ瞬間、怒りで頭がクラクラしました


引き取った人がかまれる事故や感染症の流行を防ぐのが狙い?

譲渡に適さない個体?


あまりの文章に、言葉を失いました

dd-797.jpg


収容時、すでに亡くなっていた場合や、収容後に亡くなった場合等

実際に”殺処分していない犬猫”を、殺処分数から外し

別に統計を取るというのなら分かります

でも、”実際に殺処分する犬猫”を殺処分数から外すというのは

どう考えてもおかしいし、筋の通らない話です


殺すのなら、殺処分数に絶対に入れるべきです

いや、入れなければおかしいのです

殺処分ゼロとは、一匹たりとも殺さない、そんな理念のはず

一朝一夕にそれが達成できるとは思わない

だけど、事実をねじ曲げては、現実を把握することが出来なくなる

数字という形で皆が共有し、把握し、現実を知ってこそ

殺処分ゼロに近づくというのに…

東京都に続き、環境省でもこのようなからくりを利用するとは…

dd-794.jpg


私は、殺処分ゼロは結果であるべきだと思っています

もちろん、大きな目標ではありますが

今の社会や人達の状況のままで、突然殺処分をやめても、持続は難しいでしょう

社会的な意識や仕組みが変わっった、その先に

結果として殺処分ゼロが実現するのだと思うのです


”殺処分ゼロ”という言葉にこだわり

数字に拘泥して何になるのでしょう?


すでにこの基準により、犬の殺処分ゼロを達成!と言っている東京都もそうですが

事情を知らない人達は、殺処分ゼロ=全てを殺さない。と誤解してしまいます


”譲渡に適さない個体”と勝手に判断された命は

殺されたって数には入らない・・・

殺されて当然だから?殺されてしかるべき命だから?

そんなバカな

dd-795.jpg


数字だけの殺処分ゼロを達成したところで何になるのでしょう?

そしてまた、このルールでいくと

譲渡に適さないと判断された犬猫は、いくら殺しても数に入らないわけですから

今よりもより安易に殺すことが出来るようになるのでしょうか…

dd-796.jpg


飼育困難な犬猫は除外


これが”愛護法”に盛り込まれるの?

統計のトリックで達成する、見せかけの殺処分ゼロ

誰のための、何のための、殺処分ゼロなのでしょう?

dd-792.jpg


我が家で今まで保護してきた犬たちは、人に全く慣れていない子や

攻撃性があると言われた子達


こういう子達は、人間の勝手な判断で殺され

そして、数にも入れられない…


こんなことが法律に記されるのを、黙って見ているのは

あまりに悔しいです

何か出来ることはないだろうか…


*****************


郁ちゃんと舞ちゃんは

新しい家族との出会いをずっとずっと待っています

ご質問等は、当ブログメールフォームより、お気軽にどうぞ☆

郁ちゃんと舞ちゃんの新しいプロフィール

および譲渡条件はこちらです

どうぞお読み下さい

郁ちゃんのプロフィールおよび譲渡条件

舞ちゃんのプロフィールおよび譲渡条件



以下のランキングに参加しています

いつも応援のクリックありがとうございますヾ(*´∀`*)ノ


にほんブログ村


にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村



************

インスタグラム☆beppo.mooo

Twitter☆@beppo_moo

(フォロー、リツイートはお気軽にどうぞ☆)