命の誕生日・・・あれから3年


今日は何の日・・・?

az44.jpg


今日はモモちゃんのお誕生日

az95.jpg


モモちゃんのお誕生日は

我が家に来た日ではなく

あえてセンターに収容された日にしています

ax-1.jpg


きっと思いだしたくもない記憶だろうけれど

センターに収容されて、子犬を産んでいなかったら

きっと私達が出会うことはなかった

ax-119.jpg


今のわが家も

私も、子犬たちも・・・

ax-307.jpg


今では当たり前となったこの子達との生活のすべてが

無かったかもしれない・・・

aw-152.jpg


そう思うと、出会えたことの奇跡を改めて噛みしめます

ax-45.jpg


あれから3年が経つんだね・・・

ax-392.jpg


モモちゃんの本当のお誕生日は知ることが出来ないけれど

特別な、今日という日をお祝いさせてね

ax-184.jpg


モモちゃんと出会えて本当に良かった☆

aw-266.jpg


本当に本当におめでとう!

ax-30.jpg



☆ランキングに参加しています!☆

いつも応援のクリックありがとうございます


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ

にほんブログ村

スポンサーサイト

tag : 保護犬 里親募集 多頭飼い 譲渡会 栃木

猟銃の音


梅雨が明けたかと思ったら、早速暑い日が続いているベッポ家地方

暑さも雨も両方ほどほどに・・・と思う今日この頃です

ax-377.jpg


さて、夏と言えば花火!と言っても過言ではないほどに

日本の夏は花火大会が多いですね

sa-71.jpg


我が家の近所でも今年は2年に一度の大きな花火大会が開催されるので

あちこちでポスターを見かけます


今も夜になると

時々りんどう湖の花火の音が聞こえてくるのですが

我が家の子達は今のところ動じる風もなく

落ち着いて過ごしています


ただ

雷も、花火も全く怖がらないモモちゃんが

異常に怖がる音が一つだけあります


それは、時々お散歩中やお出かけの時に

林や山の中から響く音


空気を切り裂くように

「パアーーーーーン!!」と響く猟銃(恐らく散弾銃)の音です

ax-373.jpg


その音をひとたび聞こうものなら

瞬時に尻尾が下がり、緊張します

顔は引きつり、息も荒くなります

そして、体を低くしてどこかに逃げよう、隠れようとするのです


アランも全く同じ行動をします


すぐ側でのろしが上がろうが、雷が鳴ろうが

たいして動じないモモちゃんがここまで怯える・・・


私達はその理由を知ることは出来ませんが

以前、モモの故郷を訪ねた時

「ここら辺はイノシシ用の罠だらけでね~

 イノシシが掛かると銃で撃つんだけど

 犬もよく掛かってね~掛かると撃たれて

 銃の音を聞くと可愛そうだから

 うちの前には仕掛けないように頼んだこともあって・・・」


という話を聞いたことが記憶にずっと引っかかっているのです


モモとアランの怖がり方を見ていると

恐怖の記憶と結びついていることは確かです


今年は猟銃の音を聞く機会が多く

2頭が精神的に不安定になりそうで

心配したこともありました


これから花火の音など色々大きな音を聞く機会が多く

花火の中には猟銃に近い音がするものもあるので

注意しなければ、と思っています

あなたたちは今まで何を目にして来たんだろう・・・

ax-374.jpg


こんなに澄んできれいな瞳に

どんなに残酷な光景が映ったんだろう・・・

ax-376.jpg


知ることが出来ない彼らの過去が

行動の端々から時々垣間見えるような気がします・・・

ax-375.jpg



☆ランキングに参加しています!☆

いつも応援のクリックありがとうございます


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ

にほんブログ村


tag : 保護犬 里親募集 多頭飼い 譲渡会 栃木

どうしてなの・・・?包み込む優しさと、彼女の願い

最近、夜になると寝室に現れる3人組(笑)

ax-277.jpg


寝る時になると、3頭更に密集して密着します(゚Д゚;)

ax-254.jpg


そして、深夜に解散(笑)

そして、そして・・・

早朝に再結成(笑)

最後に戻って来るなら、最初からどこにも行かなければいいのに

ax-255.jpg


最近、モモちゃんが足の傷を気にして舐めています

どうしたの・・・?

ax-282.jpg


未だに、乾燥などで血がにじむ古傷

こんな傷を一生抱えていかなければいけないモモちゃん

モモちゃんには人間を恨むなんて気持ちは微塵もありません

ax-280.jpg


彼女の願いは、出会う人みんなと仲良くすること・・・

お散歩ですれ違う人、訪ねてきてくれたお客様に

彼女は笑顔を返します

「お友だちになって下さいな」と

ax-278.jpg



彼女は不思議な子です、なぜこんなに穏やかなのか、と

いつも私は首をひねります

彼女の生い立ちや、今まで経験してきたことは

穏やかさや、愛情とは無縁のように思えるから・・・

それなのになぜ、彼女がこんなにも優しさにあふれているのか

不思議でならないのです

ax-281.jpg


このやさしさと愛情深さは、彼女が持って生まれてきたものなのか

大好きな仲間たちに囲まれて

お母さんに育てられた、子犬の頃の記憶によるものなのか・・・

どちらだとしても

モモちゃんは、体がフワフワしていて

存在が優しさそのものです


もしも、モモちゃんを見かけたら

微笑みかけて、たくさんナデナデして

お友だちになって下さい☆

ax-279.jpg


早く足の傷が気にならなくなりますように・・・



☆いつも応援のクリックありがとうございます☆

ランキングに参加しています!


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ

にほんブログ村

tag : 保護犬 里親募集 多頭飼い 譲渡会 栃木

ある野犬たちの物語・・・無責任の結果を背負わされて

この記事は


、から続いています



その女性は話し始めました・・・


**********


この家の周りに、2頭の野良犬(捨て犬)が現れるようになったのは

十数年前のことでした


かわいそうだと、女性の夫が食べ物をやるようになり

2頭はそのままその辺りに住みつきました


その2頭の子どもが年を追うごとに増え

ほかの野犬や捨て犬なども集まって

一番多い時には二十数頭を超えていたそうです


モモはそんな野犬の群れの中で育ち

仲間や家族と共に暮らしていました


けれど、群れになった野犬は近隣の住民に恐怖を与え

住民から苦情が来るようになると

最初は可愛いから、と食べ物をやっていた

その女性の家の人たちも世間の目を気にして犬たちを見捨て

ついには愛護センターがその家の庭に捕獲機を仕掛けました


その日から、野犬たちは毎日のように捕獲機に捕らえられ

センターに連れて行かれました


恐ろしい一連の出来事から、かろうじて生き延びることが出来たのは

わずか数頭の犬だけでした

av-33.jpg


その中の一頭がモモです・・・


あの日、モモに駆け寄ってきた犬(Kちゃん)は

野犬の群れで生まれた一頭で

体が弱かったため、10年ほど前に捕まえて不妊手術をし

女性の家の飼い犬にしたそうです

(普段は納屋にいるそうで 首輪もリードもつけていませんでしたが)


話の中で、女性は

「毎日のようにセンターの人が犬を連れて行ってくれてね~」と

言いました

人がよさそうなその女性が

顔色一つ変えずに、むしろ表情を和らげて

その恐ろしい話をするのを見て

愕然としました・・・


情にもろく、自分のことを優しいと思いこんでいる人ほど

時に想像出来ないほど無慈悲です・・・

av-166.jpg



そして、普通の良い人、優しい人であっても

困れば責任を放棄し

最初は可愛がっていたはずなのに

突然態度が変わってしまうのです・・・


話を聞きながら、私は湧きあがってくる怒りと悲しみを

抑えることが出来ませんでした


この場所は、モモにとって大好きな家族や仲間との

大切な思い出の場所であり

また、彼らが次々に連れ去られるのを

目の当たりにした恐怖の場所でもあるのです・・・


現在でも、常に捕獲機が設置されているこの地域

イノシシ用の罠もそこここに仕掛けられ

野犬も度々掛かったというこの場所で

怯えながら暮らしてきたモモ


久々に帰った故郷では

一頭の小さな親せき(Kちゃん)が出迎えてくれました

ただ一頭、その家の飼い犬として

命を保証された彼女もまた

モモと同じように、仲間を目の前で失ってきたのです


モモの生まれた場所も、育った場所も

どんな経験をしてきたかも・・・

少しだけ謎が解けました


人間の都合で奪われた


命、命、命・・・命

aw-247.jpg


もう、これ以上聞くことはありませんでした

私たちは女性に挨拶をし

車に戻りました


モモを車に乗せて、走り出した時

振り返ると

モモがさっきまでいた場所に佇み

こちらをじっと見つめているKちゃんの姿が見えました


走り去る私たちの車が見えなくなるまでじっと見つめ続けていたKちゃん

彼女は何を想っていたのでしょう・・・


モモが元気に生き延びることが出来たことを知って

喜んでくれたでしょうか・・・


あの日、私たちはモモのことを

少しだけ知ることが出来たような気がします

彼女の心に少しだけ近づけたような気がします


そして、突然無表情になるモモのその表情の裏に隠された

はかり知れないほどの悲しみを垣間見たような気がしました

av-171.jpg


この時はまだ、アランという名前が付く以前の

一頭の野犬がいる事は全く知らなかった私たちです・・・💦


長い長い記事になってしまいましたが

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました


長く続いたモモの記事は本日で終わります


モモの故郷を訪ねて

モモは野犬として生まれ、野犬として育ち

野犬として暮らしていた、生粋の野犬であることが分かりました


これが、モモのバックグラウンドです

フィクションではないからこそ、苦しく、悲しい話です

かわいそう・・・という無責任な情からの行動が招いた不幸な結果と

自分たちが困るからという人間の身勝手な理由で

疎んじられ、見捨てられた犬たちに降りかかった残酷な結末

これは、最初の記事に書いたように、殺処分の現状の縮図です

’自称‘優しい人間の身勝手な行動から始まり

最後にはその責任を全て背負わされて

犠牲になった犬たちの物語

そして、名もないまま殺されていった野犬たちの物語です


そんな悲しみを背負ってもなお

私たち人間に心を開いてくれたモモの

心の広さには頭が下がります

そして、モモの家族や仲間に対して周囲の人が取った行動を

同じ人間として、心から申し訳なく思います


私達はこの一月後に 再び

このお宅を訪ねることになったのですが

これから先訪ねることは、もう無いでしょう


それでも、決して忘れてはいけないと思っています

モモの故郷と、モモが愛した家族のことを・・・

av-2.jpg


この話は、この日の約一月後に保護したアランのことに繋がって行くのですが

それはまたの機会に・・・

このお話は、この記事を持って終了とさせて頂きますm(__)m



**********今日のジョジョ**********


早速、お気に入りのベッドが出来たジョジョヾ(*´∀`*)ノ

新しい環境にも慣れてきて

大いびきを書いて熟睡しているそうです(;^ω^)

aw-354.jpg




ランキングに参加しています!


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ

にほんブログ村



tag : 保護犬 里親募集 多頭飼い 野犬

初めて見た彼女が喜ぶ姿・・・予想もしなかった展開


この記事は

から続いています

aw-347.jpg


おじいさんに聞いた道を走り出した私たち・・・

林(というか森)の中の細い細い曲がりくねった道を進んで行くと

数軒の家が見えてきました

そこも通り過ぎ、もう少し行くと

そこが、おじいさんの教えてくれた酪農家でした


その敷地から少し離れたところに車を止め

モモだけを下ろしました・・・


車から降りた瞬間地面の匂いを嗅ぎ、走り出すモモ

その足取りは、その家に近づくにつれてますます早く

尻尾はちぎれんばかりに振られていました

aw-349.jpg


そのまま、モモに引かれるようにしてその家へと続く道を

登っていきました


家の前まで来ると、マーがチャイムを鳴らします

人が出てくるまでの間

私の頭の中は

「もしモモちゃんがこの家の飼い犬だったらどうしよう?」

「返して下さいって言われたらどうしよう?」と不安で破裂しそうでした

今思えば笑えますが

その時は予想もしなかった展開にパニック状態だったのです


幸い、こちらが逃げ出そうかと思う前に

玄関に人が出てきました


やや不審そうな表情を浮かべたその女性が玄関から出てくると

マーが、モモがこの辺りで捕獲されたこと

近所のおじいさんに聞いて、ここを訪ねてきたわけを話しました


その話を聞いた女性が口を開こうとしたとき

全くその女性に興味を示さず

家の裏の方をちょこちょこ覗いていたモモに

急に一匹の犬が飛びついてきました


aw-351.jpg


柴犬のようで、ちょっぴり奏ちゃんに似たその犬は

モモに真っすぐ走ってくると

ものすごい勢いで匂いを嗅ぎました

モモは体ごと尻尾を振るような勢いで喜びを表し

耳を寝かせ、体を低くして

その犬の口を舐めていました


その姿は まるで子犬が甘えているようで

私たちがそれまで目にしてきた母親としてのモモの姿との

あまりの隔たりに 戸惑いを覚えた程です


他の犬との付き合いが嫌で

散歩で会うどの犬にも 一発ガウッ!をお見舞いし

当時自分の子供以外を受け入れなかったモモが

犬に対してこんなにも狂喜乱舞する姿を見たのは初めてのことでした

aw-350.jpg


モモのあまりのはしゃぎように、その犬は牙をむき

軽く唸りました

その声でモモはお腹を見せて甘えます・・・


私たちは目の前の光景が信じられませんでした


その後しばらくして、その犬は

モモのリードを持っている私の存在に気が付き

モモから離れていきました


そして、私たちは改めて

その女性に話を聞いたのでした・・・



次の話は長くなりそうなので

次回一つにまとめて(これも希望的観測💦)書かせて頂きますm(__)m

aw-348.jpg

(本日の写真は全て岩手で撮影したものです)


決心して書き始めたものの

予想以上にまとめるのが難しく、長くなってしまっています

でも、きちんと書いておきたいことなので

もうしばらくお付き合い下さいませ



**********今日のジョジョ**********


お散歩の時のお写真を頂いたので。。☆

aw-352.jpg


ジョジョは最初やや緊張しながらも、マイペースに

トライアルを頑張っていますヾ(*´∀`*)ノ

aw-353.jpg


恐らく、野蛮な犬たちがいない(笑)

静かな一人っ子生活を満喫していることでしょう(*´ω`*)


ひき続きあたたかく見守って下さいませ☆



ランキングに参加しています!


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ

にほんブログ村


tag : 保護犬 里親募集 多頭飼い 野犬

プロフィール

ムー

Author:ムー
ベッポ家は ブログを書いているムー(ねえちゃん)とマー(おばはん)・パー(おっちゃん)の3人家族
保護犬~元野犬モモ一家+X の里親探しをしています

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

リンク

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ランキングに参加しています

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

日本ブログ村ランキング