FC2ブログ

beppoとフサフサしっぽ達

4頭の保護犬+1匹の保護猫との日々、暮らしのあれこれ

モモと私

Posted by ムー on   2  0


むかしむかしあるところに、小さな女の子がおりました

その子は大変な動物好きで、大きくなったら犬や猫と暮らすことが夢でした

g-334.jpg


時は流れ、また別のあるところに一匹の犬がおりました

人間の社会に属することなく、家族や仲間とひっそり暮らしておりました

f-36.jpg


全く接点のなかったふたりの人生が、一気に接近し

そして、しっかり結びつくことになったのは6年前の9月24日のことでした

そう、今日はモモがセンターに収容された日

当時のモモにとって、最悪だったであろう日です

でも、その日が今の私たちに繋がる日になった…

だから、今日はとても意味のある日

私たちが決めた、モモの誕生日です

g-321.jpg


g-322.jpg


g-320.jpg


モモがイノシシ用の罠に前足を挟まれ、センターに収容されたのが24日

収容期限、つまり殺される予定の日は3日後の27日

(当時栃木のセンターの収容期限は基本的に4日でしたが

火曜日に収容されたモモは、処分機が稼働する金曜日に処分できるよう

3日の期限になったようです)

そして、収容期限の前日、26日の夜中に子犬を生みます

当時、センターでは小さな子犬や、センターで生まれた子犬を

公示せずに処分することが多々ありました

しかし、心優しいある方のおかげで、モモが出産したという情報が愛護団体に伝えられ

あの張り紙を私が目にすることとなったのです


当時私は16歳

モモは推定3~4歳?


あれをしたい、これをしたい、あれがほしい、これがほしい…

小さい頃からそんな要求を殆どしたことのなかった私が

ベッポマーとパーを説得し、必死に頼み込みました


高校1年生で、まだまだ子供ではありましたが

モモ一家が我が家にやってきた日から、彼らは私が責任を負うべき存在でした

g-333.jpg


一時限目から授業があるときは4時に起きて散歩をして、ご飯をあげてから

駅までの道のりを猛スピードで自転車を飛ばしたものです


6年の間に、高校を卒業し、大学に入学し、成人しました

最近やっと「大人っぽくなったね」と言われるようになりました

ee-998.jpg


モモはあの時3~4歳だとすれば、10歳に近づき、シニアの域に入りました

白髪が少し増え、動きがたまに少しゆっくりな時があります


ee-557.jpg



あっという間に6年の歳月が流れましたが

モモたちに対する責任感は微塵も揺らぐことはありません


もちろん、私が今の生活をすることが出来ている事の陰には

母ベッポマーの多大なる協力があることは言うまでもありませんが


誰かとどこかに出かけても「犬の散歩があるから」と

夕方までに帰るのはしょっちゅう(笑)

2次会なんてほとんど行ったことがありません

休みの日に遊びに誘われても、日曜日は里親会…


犬達を最優先にすることを理解されなくて、苦しい思いをしたこともあったけれど

理解してくれる人のほうが断然多い

(「子供がいるようなもの」と言っています)

そして何より、犬達のことを愛おしく思ってくれる人たちがたくさんいます

dd-245.jpg


dd-242.jpg


g-84.jpg


g-288.jpg


ee-484.jpg


犬たちのせいで色々な制限があって不自由なんじゃないか、と心配されることも

責任が重すぎるんじゃないか、と心配されることもありますが

6年前の私が選んだ道です

もしも今、あの時の私と同じような選択をしようとしている子がいたら

私は勧めないかもしれない…

でも、私自身はこの道を選んだことをちっとも後悔していないのです

16歳の私が、本当に真剣に命と向き合って出した答えだったから…

131010_1823~02


0019.jpg


なにかを理由にして、やりたいことを諦める必要はない

制限があっても、その中でうまくやれる方法を模索すれば良いのだ、と思っています

g-248.jpg


モモは私の人生にとって、本当に大きな存在です

モモがいなければモモの子供たちも

その後に保護することになったアランをはじめとする犬達にも

そして猫たちにも出会うことはなかったでしょうし

彼らを通じて生まれたたくさんの人とのかけがえのない縁も、なかったのですから

f-512.jpg


我が家にいる犬や猫は、妹や弟のような存在なのですが

モモだけは私にとって姉のような存在です

g-330.jpg


こんな犬には今まで出会ったことがありませんし

これからも出会うことはないだろうと思うほど、モモは特別な犬です

g-323.jpg


最初に会った時から、モモはずっとモモでした

思慮深く、思いやり深く、愛情深く、時には勇敢で

穏やかで、辛抱強く、包容力があり

年取った人にも、小さな子供にも、犬に対して恐怖心を抱いている人にも愛され

g-331.jpg


g-287.jpg


犬にも猫にも慕われる…

ee-277.jpg


f-561.jpg


ee-943.jpg


f-564.jpg


犬とか人間とか、そんな枠組みを超越した、尊敬できる存在です

g-339.jpg


モモちゃん、6年間ありがとう

これからもずっとずっとそばにいてください

モモちゃんのことが大好きです

g-340.jpg


************


郁と舞は里親募集中!

譲渡に関しての疑問や、郁と舞についてのご質問などありましたら

お気軽にどうぞ

詳しい情報はこちらです↓

  


**************


以下のランキングに参加しています

いつも応援のクリックありがとうございますm(__)m


にほんブログ村


にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村


************

インスタグラム☆beppo.mooo

Twitter☆@beppo_moo

(フォロー、リツイートはお気軽にどうぞ)


スポンサーサイト



ムー

こんにちは、ブログへの訪問ありがとうございます!カタツムリの歩みでゆるゆる更新の当ブログですが、また訪問して頂けると嬉しいです

2 Comments

グーちゃんまま says..."モモちゃんお誕生日おめでとう"
その心優しい方とムーさんに出会えて、ぎりぎりのところで
命を繋ぐ事ができたのですね。
そして、今、幸せな様子を拝見していると私まで嬉しい気持ちになります。
私もよく犬がいると自由が利かなくて大変だねと言われたけど、
ほとんど、犬連れで出かけたし、そばにいてくれるだけで、日々の疲れも
飛んで行きました。私が犬に依存していただけかもしれません。
2019.09.24 22:10 | URL | #- [edit]
ムー says..."Re: モモちゃんお誕生日おめでとう"

グーちゃんママさん

モモと私の記事に、あたたかいコメントをありがとうございます
そうなんですよね、犬との暮らしは、色々な制約があってもそれが苦にならないし
むしろ犬が待っているから早く帰りたい、犬と一緒に行けるところに出かけたい…と思います☆


2019.09.26 08:39 | URL | #sOnaDI0w [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bepposatooyasagashi.blog.fc2.com/tb.php/1523-2ee369dd
該当の記事は見つかりませんでした。