モモ (Momo) の話

mo-18.jpg
u-14.jpg


9月24日 この日は モモにとって 歴史が変わった日 と言えるでしょう


2013年9月24日 つまり去年のこの日 

彼女は 畑に仕掛けられた イノシシの罠にかかり

通報されて 右前肢をひどく負傷したまま

栃木県南ドッグセンターに収容されました

3日後の9月27日には 収容期限が切れて 殺されることになっていました

彼女はその直前 9月26日 そこで 7匹の子犬を出産しました


ベッポムーは 西那須野いぬねこ里親会の ボランティアスタッフです 

2013年9月29日(日) いつもの日曜日と同じように 

たんぽぽ広場での里親会に 出かけていきました

里親会では 毎週 愛護センターの動物情報を貼り出します

収容期限の迫っている犬たちの写真を 掲示板に貼る時

ベッポムーは 感情の一部を殺します

人間として まともな感情を持っていたら 普通にしていられない・・・

わが身の無力を どこまでも思い知るのです

その日 とみたさんが手書きで 保護を呼びかけている 1枚に 

彼女は 強く心を揺さぶられました

保護・収容直後に 子犬5匹 出産しました。

保護できる方、場所を探しています。

行政には、殺処分を待ってもらっています。

よろしくお願いします。



a-1.jpg


大きなお腹で 横たわっている白い犬でした

首輪はつけていません

ベッポムーは ずっと心がザワザワしていました

里親会が終わって 掲示板からはがす時 

その1枚を 自分のリュックに入れました


その夜 彼女は ベッポマーに話をしました

犬を助けたい

母子6匹

一刻を争う状況にある

この家で引き取って 一所懸命 里親を探したい

何とか命を助けてやって欲しい


聞かされた ベッポマーは 頭がクラクラしました

我が家に 犬が6匹?!!!!!!

人に慣れていない母犬に 生まれたばかりの子犬5匹?!

いったいぜんたい 何だっていうの・・・?

我が家の状況のどこをとったって

「わかりました。 大丈夫 うちで引き取りましょう。」 

なんて 逆立ちしたって 言えるわけがない

それでも・・・

何とか命を助けたいという ベッポムーの願い

「生を!」 という願いに 「否!(死)」 と答えることは

ベッポパーにも ベッポマーにも 出来ませんでした


「今の 我が家に 犬6匹なんて

ハッキリ言って あり得ない

よし大丈夫 なんてこと 一つも言えない

どうなるか 皆目見当もつかない

ただ・・・いのち のことだから・・・

ベッポムーが助けたいって 言うから

私たちは その願いを叶えてやりたいと思ってる

こうなったら 破れかぶれ

え~い!もう なるようになるさ! って感じ

いいよ 引き取っても・・・ 」

言った後 ハ~・・・とため息が出ました

またか~・・・後先考えずに やっちゃったな~・・・


犬たちは この時 愛護センターにいました

子犬は4匹になっていました

2匹は出産直後 もう1匹は数日後に

低体温のために死亡と報告書にあります


さて こうして 母子5匹の命の安全は 確保できました

母子一緒ということで 子犬の世話は母犬がしてくれるから

庭に 犬小屋付きの 大きいケージを設置して

母犬が 安心して子育てできる場所を作ってやれば

当面は 母犬の世話が 私たちの仕事 

・・・と なるはずでした


ところが

その3日後の 10月2日に 

ベッポムーと私は 必死の思いで

腕の中の子犬に ミルクを飲ませていたのです!


現実は いつだって 予想を はるかに超えて やって来ます


母犬はどうしたかって?


イノシシのワナにかかった右前肢の 傷の状態がひどく

このままでは壊死のおそれありということで

愛護センターからの引き出し手続き一切をして下さった

Kacoさんが センターから 病院に直行して

母犬 いえ モモは (この日 母犬は Kacoさんから 

モモ という名前をつけてもらっていました)

宇都宮の動物病院に 緊急入院していました


生後7日の4匹の子犬が母親なしに 残されました

当面 2匹は 宇都宮の 預かりさん宅で

もう2匹は 我が家で 世話をすることになりました


やむを得ない状況ではありましたが 

家族全員一緒に という願いは この日叶いませんでした


それから8日後の 10月10日 

モモは いくつかのエピソードを残しました

その日 モモは退院しました

肢の傷が治ったからではありません

病院から 退院を要請されたのでした

夜 病院に人がいなくなると モモ

外に出ようと 毎晩暴れて ケージを食い破ろうとし

入っていたケージを ほとんど破壊してしまうほどだったようです


退院させたものの モモの行き場がなくなりました


我が家で引き取るのは 無理だろうと

Kacoさんも とみたさんも 思いました

庭にケージを置いて その中に入れても

きっと 破って逃げようとするだろう

子犬と一緒に出来る状態ではないのでは・・・

そして 当時 猫のシェルターとして

西那須野いぬねこ里親会が 借りていた場所の 犬舎の一つを

当座のモモの住まいにしようと 考えて下さいました

宇都宮から Kacoさんが モモを 車に乗せて 連れてきて

とみたさんが 首輪とリードをつけて その犬舎に 入れました

宇都宮からの移動の車中で モモ

ケージの扉の金網を かじって 壊していました


とみたさんから電話で事情を聴いて 

ベッポムーと二人で 犬舎のある場所へ向かいました

母子一緒にしてやりたいという願いは 

どんどん遠のいていくように思われました


その頃 私たちは 数か月前から 猫の世話のために 

夕方 週に4~5日 そこに通っていました


子犬2匹にミルクを飲ませて 

君たちのママに会いに行ってくるからねと

その子たちの匂いの付いたタオルを持って

いつもより早く家を出ました

着いて モモの様子を見ようと 犬舎に向かいました

犬舎は もぬけのからでした

フェンスの金網は破られて 大穴があいていました

犬の姿はどこにもありませんでした

急いで とみたさんに 電話で知らせました

犬がいない! と伝えている目の前を 

黄色く汚れた犬が 横切りました

犬の来た方を見ると 後ろの方に 

首につけていたであろうカラーが 落ちてころがっていました

えっ? これが モモ!?

リードを引きずって歩いていました

首輪を嚙み切ろうとしたのか もう少しで切れそうな状態の首輪が

さるぐつわのようになって首と喉を締め付けていました

電話口で とみたさんが 

首輪をつける時おとなしかったから 

手ではずしてやれるんじゃないか と言ってくれたのですが

ケージやフェンスまで噛み切った この犬の口元に

手を近づけるのは ためらわれました 

意を決して 近寄って ベッポムーが首輪をはずしてやりました

犬はその間 じっとおとなしくしていました

そして 首輪とリードから自由になって 

犬は 私たちの足元に ドサッと倒れて横になりました

momo-1.jpg
momo-2.jpg
 
モモは ケージを壊したり フェンスを噛み切ったりという 

荒々しいイメージとは ほど遠い姿で すぐ隣に 横たわっていました

疲れ果てた様子で 倒れた場所から 1ミリだって動く気配を見せません

私も 腰をおろし 猫たちへのおみやげに持って行った ささみ肉を

掌にのせて 口元に近づけてみました

モモは 匂いを嗅いで すぐに食べました

1ビン全部食べました

食べ終わると 私の掌をペロペロなめました

私は 持っていた 子犬の匂いの付いたタオルを 差し出しました

モモは 匂いを嗅いで 耳をピンと立て タオルの下を覗き込みました

タオルに鼻をくっつけて ずっと子犬の匂いを 嗅いでいました

momo-4.jpg

子犬を探してる!!

会いたがってる!!!


思わず涙が ドーッと出ました


そうか そうか

わかったよ!!!

大丈夫! あなたの赤ちゃん うちで 預かってるからね!!

一緒に うちに帰ろうねっ!!!


わたしはモモに こう言いました

momo-3.jpg



1年前のことですが 今でもありありと思い出します

この時 私たちの間に流れたもの

深くて温かい共感のようなもの

それは 人間であるとか犬であるとか そういうものを

超えたところにあるものだったように思います

それは 瞬時に湧きあがり 広がって 空間を満たしました

迷いや不安の入り込む余地のないほど 

圧倒的なパワーを持っていました


糞尿で 黄色く汚れて 悪臭を放っている

モモの体を タオルで拭いてやりました

モモはどこを触っても おとなしくしていました

タオルは 表も裏も すぐに茶色になりました

まっ黄色だった毛の色が 少しだけ 白くなりました


その間 ベッポムーは 1人で 猫たちの世話をしていました

彼女も 子犬たちを 母犬に会わせてあげたいと思いました

一週間 ミルクを飲ませて ウンチオシッコの世話をしてきた

2匹の子犬を 本当に愛おしく思っていました

子犬がこんなにカワイイ生き物だということを 彼女は初めて知りました


その夜 子犬にミルクをやる時間は とうに過ぎていました

ベッポマーは 家に帰らなければなりません

とみたさんが 別の方法を考えて モモをもう一度犬舎に入れるために

夜遅く 来ることになっていました

ベッポムーは とみたさんが来るまで 1人で 残ることにしました


私は 再びとみたさんに電話をして

犬を 家に連れて帰りたいと伝えました

ここに置いていくのは 不憫だと

とみたさんは 大丈夫かと 心配して下さいましたが

子犬と一緒になれば 落ち着くのではないかと

犬の様子を見て 連れて来られるようだったら 

何とか 連れて来てほしいと お願いして

ベッポムーとモモとを そこに残して 家に帰りました


とみたさんは それから2時間ほどで

ベッポムーと モモを連れて 来てくださいました

8日ぶりに 母子は再会しました

モモは すぐに子犬の体を舐め 育児を始めました

その様子を見て とみたさんが もう2匹も 一緒にしてやれると

すぐに Kacoさんに 電話をして下さいました

ba-20.jpg
ba-19.jpg
mo-61.jpg


そしてその翌日 10月11日 

宇都宮から Kacoさんが 2匹を連れてきて下さって

9日ぶりに 家族全員が 無事に再会を果たすことが出来ました

mo-59.jpg
mo-60.jpg
mo-54.jpg
ba-14.jpg
mo-58.jpg


これが 我が家に モモが やってきた お話です


モモの運命が転換した日 9月24日

この日を ベッポはモモの 誕生日にすることにしました

昨日が その日でした

mo-30.jpg


ベッポムーは 新しい首輪と バンダナを モモに贈りました

mo-36.jpg


ベッポマーが バースデイケーキを焼いて 皆でお祝いしました

mo-50.jpg
mo-49.jpg
mo-48.jpg
mo-33.jpg


モモのお話には まだ続きがあります

またいつか 続きのお話をいたしましょう



さて明日は モモが懸命に守ろうとした子犬たちの 1歳の誕生日

台風も去り よい日になりそうです

mo-37.jpg
スポンサーサイト

何て言ったらいいのか…

胸とのどの奥がギューってなって涙が止まりませんでした。

想像以上に壮絶だったんですね!!

命…  生…

簡単には説明出来ないくらい…



でも、でも モモちゃんベッポさんちに来て良かったね!!
穏やかなお顔が物語ってます。

ベッポさんありがとうm(__)m

どのお話を読んでも泣いてしまうなすこ。
ももちゃんの話…泣いて泣いて涙が止まらないので…途中読むのを中断。
もう一度心を落ち着かせてから再度続きを鼻をすすりながら読ませて頂きました。

大切に育てて貰うとこんなにも変わるんだなぁと実感です。
いつ会ってものーんびりしているももちゃんからは想像もつかない壮絶な運命。

仔犬会うために必死だったんだね!
本当によく頑張ったね、ももちゃん!
仔犬達を産んでくれてありがとう!

今日の皆のお誕生日はとても色々な事を思い出します。
出逢いに感謝する日です!!

ベッポさんfamily、大切に大切に皆を育ててくれて本当にありがとうございます。
ベッポさんfamilyにも、ももちゃんfamilyにも出逢えて本当に良かった!
そこから繋がる出逢いにも感謝!

ももちゃん、アミチャン、コパン、カナチャン、りんチャン、お誕生日おめでとう!!

ぶんたまさんへ、なすお&なすこさんへ

ぶんたまさん そして なすお&なすこさん

いつも 心のこもったコメントありがとうございます。


モモの時間は 今 穏やかに流れているように見えます

モモは この1年の間 人間と共に暮らすという

全く新しい経験に 素晴らしく 順応してきたと思います。

彼女の中に眠っている 飼いならされない自由さ 

ちょっと フーテンの寅さんっぽいところは 

これからも そのままなんだろうなぁ・・・と思います。

それもよし と思っています。


一年前 モモが願った一つのことは かなえられたと言っても良いかもしれません。

あの時モモが願ったことのすべてを知りたいと思っても ベッポにはかないません。

耳を澄まして 一つでも多くの願いが聞き届けられるよう 

力になりたい・・・と思います。


モモが守った命 子犬たちは 成長と共に

あふれんばかりの喜びを 私たちにくれました。

ぶんたまさんご夫妻 そして なすお&なすこさんご夫妻という

素晴らしい里親さんにめぐり会う幸せもくれました。

考えてみると 幸せにしてもらっているのは ベッポでした。


1年前 モモが イノシシのワナに かからなかったら・・・ 

そして モモが センターの期限内に 子犬を生まなかったら・・・


ベッポは存在すらしてなかったでしょう。

だって ベッポは モモの存在があって 初めて存在するのですから。

そう考えると 不思議です。


28日の あんなにワクワクして あんなに楽しくて 

あんなに命がキラメイテ あんなに心温まる一日は 

一年前の モモの苦難という出来事がなかったら

世界のどこにも存在しなかったし 

私たち3家族が共有することもなかったと考えると

本当に 何とも言えない気持ちになります。


苦難を喜びに変える力・・・それは大きな希望の光です

世界に満ち満ちている苦渋を私たちは こうして一つひとつ

喜びと平和に変容させていかなければならないのでしょうね



ホントに28日 楽しかったですね!!!

言葉に出来ないほど ありがたかったです。

モモと子犬たちからも ありがとう!!!!!e-415  
e-416e-417e-418e-419

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 母犬に感動

非公開コメントを下さった動物~さんへ

こんばんは ベッポマーです

いつも励ましのコメントありがとうございます

メールアドレスの方にお返事いたしました

ポカをして 2通になってしまいました

スミマセン!
Secret

プロフィール

ムー

Author:ムー
ベッポ家は ブログを書いているムー(ねえちゃん)とマー(おばはん)・パー(おっちゃん)の3人家族
保護犬~元野犬モモ一家+X の里親探しをしています

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ランキングに参加しています

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

日本ブログ村ランキング