止まらない思い出・・・

ポンに伝えたいこといっぱいあるのに
記憶が、たくさんの思い出が溢れてきて止まらない・・・

at-1.jpg

at-2.jpg

at-3.jpg

at-6.jpg

at-8.jpg

at-9.jpg

at-10.jpg

at-11.jpg

at-12.jpg

at-15.jpg

at-16.jpg

at-19.jpg

at-20.jpg

at-21.jpg

at-22.jpg

ポン・・・ポンちゃん・・・
ポン助・・・ポン助ちゃん、ポンタン・・・

・・・・・・・・・ポン


ランキングに参加しています

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2016/01/11 09:06
ポンちゃん・・・
ただただ悲しいですね。
御冥福をお祈り申し上げます。

ベッポ様の腕の中で虹の橋へ渡れて、いい最後だったと思います。
私にはこのポンちゃんの行動、ベッポ様に"ありがとう"と言っているような気がしてならないのです。
ポンちゃんはベッポ家の一員になれてとても幸せだった事でしょう。

私も2度可愛がっていた犬を亡くしたことがあります。
誰かを亡くすという事に人だとか犬だとかそういった種別なんて関係ないという事を実感し、ただひたすら当時は深い悲しみに陥っていました。

当時、高校生だった私は
愛犬が使っていた首輪をお守り替わりに部活動で使用するエナメルバッグに付けていました。
そうするとなんだかいつも一緒にいるような安心感に包まれます。

亡くなった犬はよく虹の橋へ渡り
かかっていた病気や、弱くなった足腰は元に戻り元気に走り回れる様になるといいますね。
きっと今頃私の愛犬達とポンちゃんで仲良く走って遊んでいる頃だと思います。

ベッポ様、今は泣いて大丈夫です!
我慢などしないで思いっきり泣いてください!!
そして後ろを振り返ってください。
可愛い可愛い4頭の妹と弟が待っていますよ!
  • 2016/01/11 09:32
  • くま
  • URL
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2016/01/11 13:26
No title
尽くせば尽くしたほど いなくなったときの 空虚感がすごいですよね
残っているのは思い出だけ
溢れて来る事でしょう
私は見えないけど触れないけど まだそこにいる と想い過ごしました
思い出を笑って話せる日まで 寄り添ってくれていると
手を伸ばせばそこにいる 空間に話しかけ 過ごしました
多頭飼いだったから 残った子のために動くことはできたので
助かりました
おとぼけポン君 たまに降りてきて ひょこっと部屋のすみっこでみんなを見てるかも
  • 2016/01/11 15:00
  • 福母
  • URL
  • Edit
拍手コメをくださった動物・・・さま
ポンに温かいコメントありがとうございました☆

ポンはポンなりに、彼の時間をゆったりと過ごして
旅立って行ったのではないかと思います
短くも、濃厚な一年3ヶ月でした

マックスの嬉しい旅立ちと
ポンの寂しい旅立ちが相次ぎ
ずいぶん静かになったベッポ家です・・・が
ギャングたちのおかげで全然静かにはなりません(笑)
  • 2016/01/19 21:36
  • ムー
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)