心の中でそっと、ごめんね・・・

********拡散希望、迷子のさんた君********

ブラックタイガさんのお家から
里親さんのところにトライアルに出て
迷子になってしまった、さんた君
ひき続き拡散、情報提供お願いいたします

新たな情報が追加されていました
タイガさんのブログよりご覧下さい

ブラックタイガのつぶやき

********************


私は、数日おきにセンターの収容情報を見ています
現実を直視するのはつらいけど
知っておかなくてはいけないから
そして、情報を知っていることで
助けられる命があるかもしれないから・・・
at-149.jpg

情報を見ていると
この子を助けたい、と強く思う瞬間があります
理由は分からないけれど・・・

でも、自分を現実に引き戻します

どの命も助けられるわけではないし、限界がある
自分が、今
写真や情報を通じて目にし、身近に感じた子が
殺されることを考えるのは、あまりにも辛い
全員を助けられたら、こんな思いをすることもない・・・

でも、出来ない・・・

自分の感情だけで、引き出すことは出来ないのです

でも、もし私が引き出さなかったら
この子は殺されてしまう・・・

どうしたらいいんだろう?
いつも、答えは見つからない
そして、考えれば考えるほど辛くなる・・・

これはきっと
正解のない問・・・
at-148.jpg

だから
今の私に出来るのは、彼らを見捨てたのと同じ人間として
彼らに謝り、心の痛みを決して忘れないこと・・・

ごめんね・・・本当にごめんね
殺されるってわかってるのに助けないなんて本当にひどいよね・・・

ランキングに参加しています

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

No title

わかります

辛いです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

同じ

目の前の子を救うのか見殺しにするのか、どっちや?
中谷さんはいつもこう問いかける。

ごめんねと謝ろうが泣こうが、救わないという事は見殺しにするという事。

彼らを見捨てたヤツとどこが違うのか?

No title

アスカさん、違いが分からないなんて
バカですか。

Re: No title


福母さんへ

数字の上で見ているうちはなかなか身近なこととして
とらえることが出来なくても
写真や映像になるとより身近に感じることが出来る、
そんなことあると思うんですよね・・・
だから、映画でも、本でも、実際に現場に足を運ぶのでも良いけれど
もっと多くの人に現実を知ってもらいたいな、と思っています

非公開コメを下さったH・Mさま


H・Mさま

殺処分数は年々減って来てはいるのですが・・・
それでも、
数えきれないほどの命が消えていて
命を奪われる子たちにとっては何ら変わりはないんですよね・・・
Mさまのおっしゃる通り、
小さな私たちが力を合わせて行動していくしかないのですね


非公開コメを下さったハハ・・さん


ハハ・・さん

それぞれがが出来ることを・・・
それが大切なことなのではないかと思います☆

映画ご覧になったんですね
私は来週中に観に行く予定です(*´ω`*)

写真は、公園の土手をお散歩している時
下のグラウンドに写っている影がきれいで
思わず撮ったものなんです
写真がお上手なハハ・・さんに
褒めて頂けるなんて嬉しいです☆

Re: 同じ


アスカさんへ

本当にその通りです
私が彼らを見捨てたこと、
いつもいつも忘れたことはありません

それでも、より多くの方に知っていただきたくて・・・
こうして記事にしている次第です



No title

アスカさん、違いが分からないなんて、
バカですか。

No title

アスカさんの様に何もしないで、
コメントしない方がいいですよ。

人生を共に出来る犬の数

犬の一生が18年前後として、一生の間で散歩
しながら飼える犬の数は4匹くらいでしょうか?

一人の人が一生の間に飼える、4匹同時に飼って
るだけでも犬たちの命に対する貢献で考えるなら
その事だけでもムーさんは素敵な事してると思います。

犬のボランテアではないのですか仕方のない事です。

ただ、ボランテアとするなら、団体さんの譲渡条件を
考えた方がいいのかもしれません。

私は朝、圧力鍋を使ったりしながら人とは味付けの
異なる犬のご飯を作り、一日10キロ位散歩につれて
いったり、夜は朝まで暖房の効いた部屋に入れたり
してますが、愛護団体さんの条件が合わないので
譲渡は受けられません。

犬を幸せにしてあげたという満足を得られない人に
譲渡したくは無いようです。

愛護団体同士は仲が悪い話も効きました。
ボランテアとしてしてる事なら、同じ目的なのだから
仲良しでも良さそうですが、みえがあったり主張が
違ったりしてるのでしょうね。

動物のためで無く自分の満足のためししてること
ですから、仕方のない事です。

Re: 人生を共に出来る犬の数


Ishihraさん

コメントありがとうございます

わが家は
目の前に現れた行き場のない子達を
引き取っているうちに気が付いたらこんなに・・・
と言う感じなのですが(笑)

縁あって我が家に来た子たちですから
この子達に精一杯幸せになって欲しいと思っていますし
例え自己満足であろうとも
私には、この子達に幸せな時を与える義務・・・責任かな?
があると思っています

愛する子たちの幸せを願うのは誰もが同じですよね

Secret

プロフィール

ムー

Author:ムー
ベッポ家は ブログを書いているムー(ねえちゃん)とマー(おばはん)・パー(おっちゃん)の3人家族
保護犬~元野犬モモ一家+X の里親探しをしています

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ランキングに参加しています

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

日本ブログ村ランキング