命を慈しむ・・・

飼い主に探してもらえないのか・・・
置き去りにされたのか分からないジョジョ

でも、ジョジョに限らず
多くの子が、同じような思いをしているのです

ただ、多くの人の目に触れていないだけ・・・


犬は、寂しがりな生き物だと思います
人と一緒じゃなければ生きていけない・・・
人の側にいたい・・・
そんな生き物
au-182.jpg

犬の一生は長くて大体20年前後
楽しいときはあっという間に過ぎます
大切な家族との時間程あっという間です

その短い時間でさえも、最後まで
共に過ごすことが出来ないのでしょうか・・・
au-183.jpg

短い月日を
心から慈しみ、愛することが出来ないのでしょうか・・・
au-207.jpg

最後の瞬間まで、家族でいることは出来ないのでしょうか・・・

命を慈しむということはそんなに難しいことですか?
au-208.jpg


庭先に繋がれっぱなしでボロボロの犬

最後の最後に家族に看取って貰えず
センターに連れて行かれる老犬のことを
考える度、到底理解できない疑問と
怒りが湧きあがってくるのです

なぜ、命を慈しむことが出来ないの・・・?


***

ここ最近、迷子の情報を見聞きすることが増えています
もちろん、絶対迷子にしないのが基本ですが
どんなに注意していても
人間ですから、絶対はないとは思います

だから、迷子になった時の対応の仕方を普段から調べておくこと
そして、「すぐに戻って来るだろう」等と考えず
迅速な対応をすることが大切です

「迷子にしてしまった・・・どうしよう?」
「どう思われるだろう?」等と思わず
里親さんならば、すぐに里親会に連絡を・・・

命を大切に思う気持ちは皆同じ
責任を追及したり、失態を責めたりするよりも
その子の命の安全を確保するのが最優先だと
誰しもが分かっていることです


とにかく迷子にしない
そして、万が一にも迷子になってしまったら
すぐに動く・・・初動の早さが大切です



ランキングに参加しています

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)