もう一度生まれてくることがあったなら・・・我が家においでとは言わないよ


梅雨入りしても 思いのほか雨の少ない日が続いていますが

そこここで 日に日に青く色づいてきている紫陽花を見ると

やっぱり梅雨だなあと実感します・・・


そんな中、今月も早いものでポンの5回目の月命日が過ぎました

av-211.jpg


今月の月命日は、少しだけ余裕が出来

久々にポンのことを思うスペースが心の中に戻ってきました


~今でもポンを撫でた時の毛の感じを

鮮明に思い出すことが出来ます~

ab-156.jpg


でも、あれからもう5ヶ月も経つなんて

未だに信じられません


毎日が飛ぶように過ぎ、朝起きてから

夜寝るまでがいつもあっという間


ポンのことをゆっくり考えている時間すらない毎日でした


~カットによっても表情が色々変わって見えました~

af-35.jpg


あんなことがあったな、こんなこともあったな・・・

思い出せば後から後から湧いてくる思い

でも、悲しくなる前に

面白かったこと、おかしかったことで話を終わらせてしまう私

恥ずかしながら、今頃になってやっと

こうして書けるようになりました

aa-37.jpg


ポンが私たちの生活に占めていた場所はとても大きかったから

いなくなった後にぽっかり空いた空白も大きい・・・


~寝起きでボサボサ・・・~

ag-53.jpg


私達を全然休ませてくれなかったポン

でも、まだまだ粘ってくれるだろうという

周囲の予想をあっさり裏切って

あっけなく逝ってしまいました


~お顔も随分小さくなっちゃってたんだね・・・

メープルを枕にお昼寝~

an-189.jpg


自力で歩くのが難しくなって1週間

完全に寝たきりになって4・5日

ご飯を自分でお皿から食べられなくなり

介助が必要だったのは、最後の2・3日でした


人間に頼る子ではなかったけれど

最後の時まで一緒にいさせてくれました


~たくさんのお花を頂きました~

au-26.jpg


私の腕に抱っこされたまま

一度も苦しむことなく、フッと息をついてお空に帰っていったポン


~手足が長くて、スタイル抜群だったポン~

ar-145.jpg


近いうちに別れの時が来ることは

ずっとずっと分かっていたはずなのに

いざ、その時が来ると

想像していたように、受け入れることは出来なかった


~みんなが一緒の年賀状~

an-123.jpg


もっともっと一緒にいたい

もう一度息をしてほしい

起きて、起きて、まだ行かないで・・・

at-139.jpg


火葬の時にも、同じような気持ちになりました


~モモちゃんがつぶれてますけど・・・💦~

al-75.jpg


でも、欲を言っても仕方がない

足腰が弱ったり ボケたりといった、年相応の老化現象以外

特に悪いところもなく 病院のお世話になったのは1度っきり

そして 何より 

ポンが苦しまず、穏やかな最期を迎えられたことが

一番だ、と思っています


~もしもし?どなたですか?~

ar-221.jpg


もしも、もう一度ポンが生まれてくることがあったなら

我が家においで、とは言わないよ・・・


~おめめの周りのカットに成功したときのお顔

信じられないくらい可愛くなりました~

at-22.jpg


もっと幸せに、楽しい一生が送れるところに

最初から行けますように


ボロボロになるまで放っておかれることもない・・・

瀕死の状態で放浪する必要もない・・・

ポンが苦しい思いをする理由なんて無かった


~抱っこしたときの骨ばった腕やお腹の感じ

今でも覚えているよ~

at-21.jpg


だからもしも、もう一度ポンが生まれてくるのなら

最初からあたたかい家族の元に行けますように・・・


ただそれだけを祈っています

as-27.jpg


私たちのところに来てくれてありがとう・・・


~大好きな写真~

at-14.jpg




ランキングに参加しています!


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ

にほんブログ村


スポンサーサイト

tag : 保護犬 里親募集 多頭飼 老犬 介護

No title

5ヶ月でも一年でも10年でも記憶からなくなることのない子ですよね
読んでいて咽喉の奥に重く石があるようなそんな感覚になる
今回の記事でした
ワンコ好きには辛いけれどママさんは上手に語っていらっしゃるなぁ

私もゴルの前の子を思うとき
その愛らしさを懐かしく思うんです
痩せた老犬でも子犬のようにかわいくて
なでて欲しいと手の下に頭をもってくるそんなワンコでした

こうして思い出して会いにいける
思い出は大切なものですね

かけがえのないもの

ポンちゃん。
会うことは叶わなかったけれど
どんな子なのかは容易に想像できました。
彼の軌跡は鮮やかな記憶として私たちの胸に残り続けることでしょう。

典型的な認知症の犬でしたが
それが却って親しみを覚えたものです。

近所のあのこやこのこともよく似ている。
最後は…うちの先代の犬によくにていた。

これからずっと先の未来、
私に犬を飼う資格がまだあるのなら
きっと里親会のシニアの子を、とお願いすることでしょう。

Re: No title


ゴルのママさんへ

コメントありがとうございます!
訪問でお返事させて頂きましたヾ(*´∀`*)ノ

Re: かけがえのないもの


あやの&白雪さんへ

そうですね。。(*´ω`*)
とっても面白くて、可愛くて、大変な子。。
そして、ため息が出るようなこともたくさんして
大変な思いもさせてくれましたが(笑)
いつも笑いを提供してくれるポンでした

シニアの子はなかなか(というか殆ど)里親さんが現れないという
寂しい現実がありますが
あやの&白雪さんのように
考えて下さる方がいらっしゃると嬉しいです☆
Secret

プロフィール

ムー

Author:ムー
ベッポ家は ブログを書いているムー(ねえちゃん)とマー(おばはん)・パー(おっちゃん)の3人家族
保護犬~元野犬モモ一家+X の里親探しをしています

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ランキングに参加しています

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

日本ブログ村ランキング