犬多頭飼育現場に思う


そろそろ

里親会の記事を書きたいところですが

それは明日にして、本日はちょっと別なことを


******


みなしご救援隊の中谷さんのブログにもありましたが

大田原の犬の多頭飼育現場

現場で行われた不妊去勢手術の前日

犬達のためのクレートや

手術のための機材を運んだり、設置したりするため

飼い主さんのお宅に行くとみたさんを手伝って

私も現場に行って来ました


この現場は、飼い主さん一人で

60頭以上の犬を抱えておられます


室内と、外のフェンスで囲われたスペース、そして鎖での係留

食事はきちんと与えられ、ある程度の掃除もされてはいるようです

ただ、車を降りた瞬間に鼻を衝く匂い・・・それは

外飼いで、犬小屋に繋ぎっぱなし

お散歩に行ってもらえないため

小屋の周りにオシッコの匂いが染みつき

犬自体も、洗ってもらっていないため

薄汚れていて”犬臭い”・・・

そんな、田舎ではよくある光景

そこで漂う微妙な匂いを

何十倍にもしたものを思い浮かべれば

大体実物に近いのではないかと思います


一瞬怯む匂いでした


ほとんど、飼い主さん以外の人との接触がない犬達は

私達がいる間中、吠え続けていました

飼い主さんにさえ

人馴れしていない子もたくさんいます


一頭一頭撫でる時間も、声をかける時間も

体調に気を配る時間もないのでしょう・・・


そんな状況で、子犬が産まれ、育ち

増え続けてきたのです


様々な現場を見てきたとみたさん曰く

これでも、多頭飼育現場としては良い方なんだそうです


飼い主さんは、犬達を処分してほしい、とか

手術に反対したりしているわけではありません

最初は、かわいそう、という

一頭の捨て犬に対する優しい気持ちから始まったことが

いつしか”多頭飼育崩壊”寸前になり

犬を助けるどころか

犬に苦痛を強いるような環境下での飼育になっていたのでしょう


これからは、みなしごの中谷さんなども指導に入り

とみたさんも定期的に様子を見

少しずつ、改善していく方向で動き出しています


ただ、これだけの頭数の犬を

たった一人で世話をする、ということは

例え、そこにどんなに愛情があったとしても

難しいのだ、と感じました


この現場の犬たちについては

里親さんや、一時預かりさんを募集中です

おトイレのしつけはもちろん

お散歩にさえ、連れ出してもらったことがない子達です

人に可愛がられる、ということや

甘える、ということすら知らない子達もいます

それでも、犬としての生を全うできるよう

我が家に迎えたい、または

里親さんが見つかるまでの間

一時預かりをしたい(期間限定ではありません。

里親さんが見つからなければ、一生面倒を見る覚悟が必要です)

という方がいらっしゃいましたら


ご連絡をお待ちいたしております


お問い合わせや

手術当日の様子、詳細などは


西那須野いぬねこ里親会代表、とみたさんのブログ


犬猫みなしご救援隊代表、中谷さんのブログをご覧下さい



*******************


郁ちゃんの行動範囲が広がっています

d-158.jpg


こんなところに乗って、いたずらっ子のお顔(*´ω`*)

d-159.jpg


遊んでほしくて待ちきれない舞ちゃん

前歯が出るのは、怒っているからではなく

この子の癖です(´艸`*)

(ちょっと出っ歯なのかしら・・・(^^;)

d-161.jpg


2頭共、とっても可愛くて、愛らしくて

一度会ったらその可愛さの虜になること間違いなし

お見合い希望にも、出来る限り添いたいと思いますので

ブログのメールフォームから、お問い合わせください☆


郁ちゃんと舞ちゃんは里親さんを募集中♪

詳しくはこちらをご覧下さい↓

郁ちゃんのプロフィールおよび譲渡条件

舞ちゃんのプロフィールおよび譲渡条件



いつもコメントや拍手コメント、ありがとうございます

嬉しく読ませて頂いています☆

☆ランキングに参加しています!☆

いつも応援のクリックありがとうございます

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ

にほんブログ村


スポンサーサイト

tag : 保護犬 里親募集 多頭飼い 譲渡会 栃木 子犬

限界を知ること

こちらの飼い主さんは
きっとどの子も大事に思っていて
誰かを切り捨てるなんてできないくらい優しい方なんでしょうね
行政が介入すれば、子犬以外はなるで価値のないものとして扱われるのをご存知だったのでしょう…
でも、どうにもならなくなってしまった
『こんなはずじゃなかった』
そうなる前に、不妊手術をできていたら…

生きていれば幸せなのか
動物に人の幸せを当てはめていいのか
人それぞれの考えがあると思います

でも、どんな環境にあっても
清潔第一で生活の質を保つのは飼い主の責務だと思うのです



Re: 限界を知ること


あやの&白雪さんへ

そうですね
優しい方なのだと思います
でも、ここまで増えてしまっては
当然手も回らないのでしょうね

一頭一頭に名前を付けて呼びかけること
お散歩に行く事
具合の悪い子がいれば病院に連れていく事
清潔な場所で心地よく暮らさせてあげること・・・

それが出来ないくらい
抱え込んでしまわれたのだと思います
これから、少しずつ良い方向に向かいますように
Secret

プロフィール

ムー

Author:ムー
ベッポ家は ブログを書いているムー(ねえちゃん)とマー(おばはん)・パー(おっちゃん)の3人家族
保護犬~元野犬モモ一家+X の里親探しをしています

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ランキングに参加しています

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

日本ブログ村ランキング