心温まる話と、やりきれない話

*本日の写真は、本文とは一切関係ありません(^^;



以前、里親会に

ペットショップから迎えたワンちゃんが

一歳になる前に病気で亡くなり、次はもうペットショップではなく

保護犬を・・・と、いらした方がいらっしゃいました

ドッグランでもお会いしたことがある方だったので

ワンちゃんが亡くなった、と聞いた時は本当に驚きました

とても可愛がっていたその子を亡くされた後

保護犬を、と里親会へ来て下さった

そのお気持ちを考えると・・・

有り難いと同時に、切ない気持ちでした


結局その時はご縁が繋がらなかったのですが

ずっと、心の片隅に

どうされたのかな?という思いが残っていました

もう、ワンちゃんを迎えたのかな・・・

それともまだかな・・・と


それが先日

ドッグランで何度かお会いした

中型犬の雑種と中型犬の猟犬

そして、大型犬、3頭の保護犬を連れていらっしゃる方が

その方だったということを

ひょんなことから知り、とても驚きました


連れているワンちゃんがあまりにも違い

また、大体はお隣のランを使われているので

柵越しにご挨拶をする機会しかなくて

全く気付かずにいたのです


一頭だけではなく、3頭も迎えられたと聞いて

本当に驚きました

そして、保護犬を迎えて下さったんだ・・・と

とても嬉しかったです


春になって、またお会い出来たら

今度こそきちんとお話したいと思います

d-253.jpg



郁ちゃんと舞ちゃんの里親募集を始めてから

お問い合わせを頂いても譲渡条件に合わず

お断りせざるを得ないケースが続きました

時間をかけて、心を砕き、お返事しているつもりなのですが


じゃあ、ペットショップで買います

と言われてしまったり

今からブリーダーのところに行って来ます

ペットショップで買いました・・・

こんなに譲渡条件が厳しいから保護犬がいなくならないんだ

犬を助けたいならこんな条件を付けるべきではない

本当に犬のことを助けたいのか?・・・等と

捨て台詞のように言われてしまうことが相次いでありました

そのようなことがあると

何とも言えない気持ちになります


譲渡条件に付いては、以前も書きましたが

厳しすぎるのでしょうか・・・譲渡条件のこと


こちらは、譲渡条件を明記して里親募集をしています

その上で、条件に当てはまらないお問い合わせを頂けば

郁ちゃんや舞ちゃんを・・・

と思って下さるお気持ちは

とても嬉しく、有難いのですが

条件が合わなければ

お断りせざるを得ません

それでも、郁ちゃんと舞ちゃん以外にも

保護犬はたくさん、本当に沢山います

厚かましいお願いかもしれませんが

そのお気持ちを、どうか他の子たちにも

向けて頂きたいのです

d-257.jpg


もしも、私が里親になろうと思ったとして

色々な子に、何度も何度も申し込み、断られたとして・・・

私はペットショップやブリーダーから命を購入しようと思うでしょうか

いいえ、思いません

命に値段を付けて売り買いする・・・

販売するために、人為的に繁殖させる・・・

犬を商売道具にしたり

犬から利益を得ようとするしくみ

つまり、生体販売に反対しているからです

生体販売は、間違っていると思うからです

その生体販売を成り立たせる消費者にはなりたくありません


数回断られたから、と

ペットショップやブリーダーに向かう方にとって

保護犬を迎えることが

ペットショップやブリーダーから

犬を購入するのと同じ感覚

犬を迎える一つの手段に過ぎなかったのだとすれば

とても残念なことです

d-254.jpg


自分の気に入った子がいれば保護犬から迎えてもいいや

位の気持ちだったのかしら

と思ってしまいます

d-256.jpg


条件がとても緩い団体さんもたくさんありますし

愛護センターの譲渡会なども同様です

里親募集サイトには

「引っ越し」や「子供が生まれたから」等の

個人的な事情で、里親募集をしている方もいます

そのような方々の中には

譲渡条件がほとんどない方もたくさんいます


もしも、本当に困っている命

誰かが手を差し伸べてくれなければ

明日、生きることさえも出来ないかもしれない命を

助けたい、という気持ちがあるのなら

助けを待っている命は数えきれないほどいるはずなのに・・・

d-255.jpg


先に書いたような心温まる話の一方で

このようなお返事を前に

暗澹たる気持ちになる事があるのもまた、事実です


でも、心温まる話のおかげで

頑張ろう!と思えます


郁ちゃんと舞ちゃんは里親さんを募集中♪

詳しくはこちらをご覧下さい↓

郁ちゃんのプロフィールおよび譲渡条件

舞ちゃんのプロフィールおよび譲渡条件


いつもコメントや拍手コメント、ありがとうございます

嬉しく読ませて頂いています☆


ランキングに参加しています!

いつも応援のクリックありがとうございます

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ

にほんブログ村


スポンサーサイト

tag : 保護犬 里親募集 多頭飼い 譲渡会 栃木 子犬

毎日楽しく読ませてもらってます。

郁&舞ちゃんの譲渡条件を緩くしてはならないと思います。

今はまだ、日本人の動物愛護の意識レベルが低いから、ペットショップ行くだの、ブリーダーから買うだのと、のたまうのでしょう。

でも時間がたてば、日本人もドイツ人のように、ペットの売買禁止となると思います。

べっぽさんの考えは、正しいです。
多くの日本人より進んでいます。

負けないでくださいね。

影ながら応援しています。

私も保護犬と暮らしています。
頑張りましょう!

No title

保護犬 
野犬だったり 放棄されたり 
センターへ収容され 飼い主を待ち続けたり 野山で 飢え耐えて来た子たちが ニ度と怖い思いをすることのないように 
充分 ご家庭環境を聞いて 家の中の脱走防止をお願いする
同じ子が何回も悲しい思いをすることが無いようにする為ですもの
分かって下さる方への譲りたいというのは 当たり前だと 思います。

保護犬が減らないのは 条件が厳しいからではなく
簡単に飼う人が減らないからです

里親になりたいと言うお気持ちはありがたいです
その お気持ちは無下にはできないですが
そのご家庭の環境に会う子を探して欲しいことを
分かって欲しいですね
お辛い立場 よくわかります 

奢り

家族を探してるとはいっても
どんな子でもマッチングは必要です
道端に転がっている石ころとは訳が違うのです

譲渡条件についてはさておき
自分の生活環境には目を瞑って欲しいが
健康そうで可愛いからこの子が欲しい

そういう熱意は危険です
人の欲求というものは
あっという間に冷めてしまう
寂しさを埋めるナニかが欲しかったのかな?
私ならそう勘繰ってしまいます

当て付けのように
『ショップ』に行ってきた…
気の毒な方もいるものです


条件という言葉が
もしかすると
犬を飼う敷居を高くしているとのお声があるのかもしれません
条件は
その子を保護した方が、よくよく観察した上で
設定しているものです
人と犬がより幸せに暮らせるようにと願いを込めて

里親希望者
譲渡者
どちらかが立場が上ということはありません
譲渡は先着順でもありません
仮に里親を断られたとしても
それは特別希望者が悪い訳でもありません
とてもシンプルなことなんですが
Blogを通してだときっとイメージしづらいのでしょうね
簡単に手にはいるはずの物が
想像していたより面倒くさかった
希望者からすると
腑に落ちない点も多々あるでしょう

前にも書いたのですが
何故保護犬に目を向けたのか
そのきっかけと気持ちを大切にして頂きたいです


ベッポさんも息切れしない程度に
リラックスして
程よく頑張って下さい(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Secret

プロフィール

ムー

Author:ムー
ベッポ家は ブログを書いているムー(ねえちゃん)とマー(おばはん)・パー(おっちゃん)の3人家族
保護犬~元野犬モモ一家+X の里親探しをしています

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ランキングに参加しています

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

日本ブログ村ランキング