バカにされているのか・・・(室内飼育は絶対条件)


昨日の里親会のご報告

bb-333.jpg


世間はゴールデンウィーク・・・ということで

お客さんが多いのか少ないのか分からないままでのスタート

開始後しばらくはガラーンとしたままで、もしやこのまま・・・

と思いましたが、徐々に人が増え始め

結果的にはかなり賑わいました

ただ、やはり猫ブームだからでしょうか

猫を希望される方が多い印象で

今回もトライアルが決まったのは猫でした


犬の参加は

コタポンさんちのクンチロ兄弟のトライアル決定したため

我が家の郁&舞姉妹と、多頭飼育現場の子犬達

bb-341.jpg


bb-342.jpg


そして、マルちゃんです

まるちゃんについて詳しくはこちら↓

http://bepposatooyasagashi.blog.fc2.com/blog-entry-908.html

bb-337.jpg


マルちゃんは、預かりさんの努力の賜物で

目覚ましい進歩を遂げています

(マルちゃんは、体重は恐らく郁ちゃんよりもありますが

大きさは、8キロの舞ちゃんよりも小さいくらいです)

bb-335.jpg


里親会の途中、郁ちゃんと舞ちゃんと一緒に

3頭引きでお散歩に連れて行ったのですが

ルンルン♪と歩いてくれました

bb-336.jpg


クンクン匂いを嗅ぐ余裕も・・・

bb-334.jpg


車通りの激しい通り沿いもこの通り!

尻尾が下がることなく余裕でした

bb-338.jpg


何よりもすごいのは、元々リードの引っ張りがないこと☆

マルちゃんも犬好きなので

舞ちゃん達との散歩を楽しんでくれたようでした

知らない子が入っても乱れることなく自然に歩けるのが

郁ちゃんと舞ちゃんの長所でもあります(*´ω`*)

bb-339.jpg


ニコニコの笑顔も見せてくれました

これからもっともっと成長を見せてくれることでしょう

マルちゃんも里親さん募集中です!

bb-340.jpg


猫ブームとはいえ

もちろん犬を見に来場される方もいます

ただ、何だか最近は室内飼育ではない希望者の方

外の繋ぎ飼い希望の方が多いのが何だかな・・・と言う感じです

最近は室内飼育も定着してきて

「外で飼う」という人が減ってきている印象だったのに

ここ最近は何だか後戻りしているような・・・


今回も、多頭飼育現場の子犬を希望された方が一組いらっしゃいました

具体的な手続きに入りたいとの事だったので

「譲渡条件をきちんとお読み下さいましたか?」と聞くと

「はい」

「譲渡条件は、主に室内飼育や、里親さんの年齢等ですが

その辺りは大丈夫でしょうか?」と畳みかけると

「はい」

「それでは、譲渡条件をお読み頂いた上でのご質問やご不明点はございますか?

何かあればおっしゃって下さい」というと

「特にありませんね」

普段はここまで何度も聞かないのですが

何となくモヤモヤした雰囲気だったので

いつもより何度も念を押して要点を確認しました

それでも問題は出て来なかったので

それでは、ということで

アンケートなど一式用意して渡そうとすると

「うちは室内飼育は出来ないんで、外飼いになります」

〇△×??!((((;゚Д゚)))))))

何度も聞きましたよね?

室内飼育が条件だって言いましたよね

大丈夫だって言いましたよね・・・

なんかもう、ここまでくると

条件をバカにされているのか

こっちが条件外でもほいほい譲渡すると思っているのか・・・

「先ほどもお話した通り、当会では室内飼育が条件となっておりますので

そこが難しいとなるとちょっと・・・」というと

「じゃあ無理ですね」

はいそうですね・・・って感じで

一気に力が抜けてしまいました

bb-344.jpg


みんな、また来週も頑張りましょう

(郁ちゃんも麻衣ちゃんも含め 汗)

早くみんなに本当の家族が出来るといいね

bb-343.jpg



郁ちゃんと舞ちゃんは里親さんを募集中です

2頭に関するご質問や、お見合い希望などは

当ブログのメールフォームよりどうぞ☆

詳しくはこちらをご覧下さい↓

郁ちゃんのプロフィールおよび譲渡条件

舞ちゃんのプロフィールおよび譲渡条件


**********************


最近インスタグラムを始めました

https://www.instagram.com/beppo.mooo/

もしよろしければ覗いてみて下さいね☆

アカウント名は、「beppo.mooo」です

**********************


以下のランキングに参加しています

いつも応援のクリックありがとうございますヾ(*´∀`*)ノ


にほんブログ村


にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村


 


いつもコメントや拍手コメント、ありがとうございます

嬉しく読ませて頂いています☆


スポンサーサイト

tag : 保護犬 里親募集 多頭飼い 譲渡会 栃木 子犬

マルちゃん

あら、舞ちゃんより小柄なのですか
それで子供を産んで頑張っていたのですね😢
天性の穏やかさかもしれないけれど、マルちゃんは飼われていたのでしょうか?

お客様、あんまり反応のない方は不安ですよね
しっかり確認されて良かったです
私だったら
里親会に足を運んだらここぞとばかりに色々質問してしまいます
トライアルがあるとはいえ、アフターケアが一番大事ですからね

No title

先日のことです。
近所のペットショップで犬用おやつを選んでいたら、見知らぬオジサンに声をかけられました。
「あんたんとこの犬は保護団体から引き取ったんだってな」
どうやら店員さんに我が家の犬たちのことを聞いたようです。
「はい」と答えるや否や、オジサンは保護団体の譲渡条件や譲渡後の規約(定期的な報告など)が厳しすぎる、煩わしい、面倒臭いとまくし立てはじめました。
「保護犬はみんな辛い目にあった子ばかりです。その子たちが二度と辛い目にあわないよう、保護団体の方たちが考えて決めたことばかりだと思います」と返したら、
オジサンは「そりゃあ犬は捨てられて可哀想だと思うけど、例えば絶対ノーリードにするなとか、そんなん犬本来の姿じゃないだろ!」と言いました。
・・・捨てられて可哀想・・・?
保護犬の実情はそんな生易しいものじゃない。
虐待を受けた子、餓死寸前だった子、もっと酷い目にあった子だっている。
・・・ノーリードが犬本来の姿・・・?
人間と共に暮らすのだったらリードは必須、
どんなにしつけた子でも動物である以上『想定外のこと』は起こるのに。
私が呆れて何も言えずにいると、オジサンの足元にいた飼い犬と思しき黒ラブが
(この時オジサンはリードを手離していました。よほどしつけに自信があったのでしょう)
近くを通ったよそのわんこに反応して飛びかかろうとして、オジサンはあわててリードを足で踏みました。
それを私に見られてバツが悪くなったのか、「とにかく、保護団体がそんなんだから、みんなペットショップで犬を買うんだろうが!お金出せばすぐ連れて帰れるしな!だから俺は10年前こいつをペットショップで買ったんだよ」と言い放ちました。
私はもう気分が悪くて、無言でその場を立ち去ってしまいました。
こういう人とはどんなに言葉を尽くしても絶対に分かり合えないな、と思いました。

郁ちゃん・舞ちゃん・よっちゃん・トン吉くん・チン平くん・カン太くんが
犬猫の為に考えられた譲渡条件を犬猫の為に守るのは当たり前と思ってくださるご家族とめぐりあえますように・・・。

No title

すみません、ニコニコ笑顔の可愛いマルちゃんにも素敵なご縁がありますように・・・!

Re: マルちゃん


あやの&白雪さんへ

マルちゃんは本当に小柄なんです
マルちゃん、少なくとも子犬の頃は変われていたんじゃないかな、と思います
そこまで極度に怖がらないんですよね・・・

そうそう・・・
「大丈夫です」って言われても
不安があると、確認してしまいます
今回は嫌な予感が的中してしまって、残念でした(;´・ω・)

Re: No title


ライト&一郎ママさんへ

そのおじさんなんなんでしょうね
聞くだけで本当に腹が立ってしまいます
私だったら、頭に来て
カッとなってもっと酷いことを色々言ってしまいそうです
保護犬や、里親募集のことを知らない人もいますが
知っていて、それを憎む人もいるんですよね・・・

みんなの幸せを応援して下さってありがとうございます☆

迷い

私も里親になり今もその子を大切に育てています。譲渡の条件に室内飼育とあり、承諾したのですが、当の犬本人が家の中の暮らしにストレスを抱えこんでしまいました。物音やテレビの音、子供の声、洗濯機やドライヤーの音、対策をとって家の中の一番静かな場所に寝床を置いても落ち着かず食事をしなくなったので、犬の休息出来る時間もないといけないと思い、屋根のある外に犬小屋を移動、外飼いに変更した途端に食欲も改善しとっても元気になりました。その後も家の中に入れたりと試みましたが最終的に外飼いで落ち着きました。私も当初は人間同様で家の中での飼育が1番だと思ってましたがそれはケースバイケースであって、その子にあった飼い方が大切だという事を学びました。家の中だと自由だし温度管理、安全面においてもと思ってましたが、結局は家の中にいても限られた空間、閉鎖された空間、外で繋がれて飼育する事にそんなに犬自身の中に大差はないんだと感じました。さすがに冬、真夏は心配になり冷暖房を入れて玄関まで入れましたが犬は拒否、外で暮らして行く為の術を身につけていきました。譲渡時に条件を設ける事は当然だと思いますが、必ずしもそれが正解率ではない。犬の心理は人間には理解出来ない部分がある。だから楽しいし悩んでもみるし。頑なにならず少し犬を飼いたい人たちの犬への気持ちもくんであげてください。外飼いでも犬自身は幸せかもしれませんよ。

つづき

家の犬が外飼いになりそうになったので、譲って頂いた団体さんに電話をしました。条件を守れてないので。実際に家の中にいる時と外にいる時の状況を見てもらい、外にいる時の方が開放的だと判断されて外飼いを認めてもらいました。とても寛大な方達でしたよ。本当の犬の幸せをみてくれたと私も嬉しかったです。このブログを批判しているわけではなく、何となく言い方がきつく思えたのでコメントしました。家の中での飼育、基本的には人間のルールに犬もあわせざるを得ない部分が必ずありますからね。犬に限らず動物にとっての幸せって所詮は人間にはわからないような気がします。私も犬に対して真剣ですので生意気ですみません。

Re: 迷い


保護犬の飼い主さんへ

コメントありがとうございます。
保護犬のワンちゃんと暮らしていらっしゃるんですね🐶

室内飼育の是非については、色々な考え方があると思います
確かに、室内で生活した経験が無い子だと
最初は怯えることも多々あります
保護犬の飼い主さんのワンちゃんと会ったことはないので
そこに関しては、何か言える立場にはありませんが
私が関わってきた子達は
みんなその時期を乗り越え、今ではのんびり暮らしています

私自信、室外飼育、特に係留での飼育は危険が伴うと思っていますし
犬達には、大好きな家族の側で暮らしてほしいと思って
このような条件を付けていますので
室外で飼育される方に条件を曲げてでも…とは思えないです

でも、それだとどうしても難しいという方が
愛護センターの譲渡会や
室外飼育可の団体さんから
保護犬を迎えることは
構わないと思っています

ただ、里親会で里親募集している子達に設けられている
室内飼育という条件は
こちらが最初から提示している条件ですので
ここの里親会から迎えたい、と思われる以上は
やはりそこは尊重していただきたいな、と思うのです

ありがとうございました

もらう側からすると譲渡してくださる方の思いや考えがわからず少し?な感じでしたが、こうやって本音が聞けて納得出来ました。その思い提示した方が良いですよ、わかっておらず誤解している人たくさんいます。誤解してました失礼をお許しください。

犬の幸せと人間が思う犬の幸せ

犬の幸せ

人間が決めることでなく犬自身どう思うかでしょう。

先日、犬の気持ちを考えず、飼い始めて10か月近く
ワンを連れてわりと近所の譲渡会に足を運びました。

今思えば、置いて行かれるかもしれないと思ったよう
です。

首輪抜けをして、全力疾走で自宅に向かって走って
行った様でしたが、すぐには戻らず怒られないよう
3~4時間ほとぼりを冷まして帰って来ました。

しかも少し大人になって帰ってきました。

我がままだったのが、遠慮したり気を遣うように
なりました。一緒に暮らしていけるよう自分なりに
考え努力しているようで、余計に可愛く感じました。

家は昼間は係留外飼いです。夜の散歩の後は家に入れて
ご飯をあげると食後は、お気に入りの机の下でうとうと
してます。

朝は私が仕事に行くのを立ち上がってブロック塀の上
から見えなくなるまで見送ってくれてます。

今の暮らしが気に入っているから、走って家に帰って
きたんだと思います。
逃げ出そうなんて考えてないんだから、外飼いでも幸せ
なんだと思いますよ。

Re: 犬の幸せと人間が思う犬の幸せ


beatさんへ

コメントありがとうございます
いや~!!!良かったです~!!!!!
その後どうなったか、とても気になっていました
beatさんのお宅のワンちゃんが
里親会の会場から大きな道路に飛び出して
全力疾走して行く姿を見た時には、交通事故に遭ってしまうんじゃないかと・・・
お電話も落として必死に追いかけていらしていたので
どんなにかご心配だろうと思っていました・・・
でも、里親会スタッフ総出の炎天下の猛ダッシュも、めでたしめでたしで済んで良かったです☆
事故に遭わなくて、本当に、本当に、不幸中の幸いでしたね(´;ω;`)
せっかくの幸せも、脱走からの交通事故で命を落としてしまっては元も子もないですものね
本当に良かった!一安心ですヾ(*´∀`*)ノ

*犬が嫌がって後ずさっている時に、リードを強く引っ張ると
 首輪がすっぽ抜けることってあるんですよね・・・汗
 お散歩用の首輪は、少しきつめにすると良いかもしれません☆

御礼

先日はお騒がせしました。m(._.)m
実は以前にもこのような首輪抜け
した事はあったのですが、その時は
近くを何周かグルグルしてから伏せ
して御用となりましたが、今回は、
知らない人にも追いかけられたので
怖かったようです。

譲渡会で貰ってきた子なので嫌な
思いでが有るのかもしれません。

帰ってきてからは散歩の時にリード
を付けるのが、一苦労だったのが
教えて無いのに、伏せをして待つ
ようになりました。
散歩の出だしの大騒ぎで大変だった
のが、おとなしく歩くようになり
ました。不思議ですよね。

うちにはもう1匹17年以上前に公園で
拾ってきた犬もいますが、私はこの子
達を保護犬とは呼びません。
人間の思いあがった差別用語みたい
で嫌いなので(^_^)a
保護犬完全に上から目線ですよね。

犬は何もせず、快適に過ごせる様に
甘やかす事だけが、犬の幸せとは
思っていません。(^-^)
Secret

プロフィール

ムー

Author:ムー
ベッポ家は ブログを書いているムー(ねえちゃん)とマー(おばはん)・パー(おっちゃん)の3人家族
保護犬~元野犬モモ一家+X の里親探しをしています

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ランキングに参加しています

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

日本ブログ村ランキング